Archive for the ‘未分類’ Category

8・6ヒロシマ国際対話集会~

土曜日, 7月 27th, 2019

反核の夕べ2019

PDFはこちら

https://www.e-hanwa.org/wp-content/uploads/2019/07/4839ca2d108643350ecf083b87dc2b01.jpg

<8・6ヒロシマ国際対話集会~反核の夕べ2019>

~核と人類は共存できない~

核被害を拡げないために

核利用サイクルにおける核被害の実態を追及し、原子力推進を阻止しよう! 核兵器禁止条約の早期発効をめざし、国際連携を図り日本政府を動かそう!

日 時: 2019年 8月6日(火)

14:30~17:30 

資料代:700円(通訳あり)

場 所:合人社ウェンディひと・まちプラザ6Fマルチメディア・スタジオ

  (広島市まちづくり市民交流プラザ) 広島市中区袋町6-36 TEL:082-545-3911 )

第Ⅰ部:講演会

 基調講演 演 題 「棄民の国-被曝安全神話」       

講演者 小出 裕章

 (原子核工学者・元京都大学原子炉実験所助教)

第Ⅱ部:パネルディスカッション  

小出 裕章     原子核工学者・元京都大学原子炉実験所助教             

前田耕一郎    広島県被団協事務局長・元広島平和記念資料館館長

佐藤 龍彦    福島県双葉郡楢葉町・原発事故被害者             

ラニ・クレイマー Lani Kramer(REACH-MI代表/

マーシャル諸島核実験被害者二世)             

サマンサ・ハネルグ Samantha Hanerg (REACH-MI副代表/

同 核実験被害者三世)  

振津かつみ     医師・ICBUW運営委員・チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西

森瀧 春子    HANWA共同代表

第Ⅲ部:特別公演 

「ちっちゃい こえ」・紙芝居        

作者・演者 アーサ-・ビナード (詩人、絵本作家) 

<小出裕章さん・プロフィール>

1949年東京生まれ。東北大学工学部原子核工学科卒、同大学院修了。京都大学原子炉実験所助手。2015年定年退職。専門は放射線計測、原子力安全。学生時代に東北電力女川原発反対集会に参加してから反原発の道を歩む。伊方原発訴訟住民側証人。著書に「隠される原子力 核の真実」(2010年創史社)、「原子力と共存できるか」(1997年かもがわ出版、共著)、「原子力のウソ」(2011年扶桑社)、『真実から目を逸らすことは犯罪である─フクシマ事故と東京オリンピック』(近日発売 径書房)など多数。      

<アーサー・ビナードさん プロフィール>

1967年、米国ミシガン州生まれの詩人・俳人、随筆家、翻訳家。1990年に来日、日本語で創作を始める。『釣り上げては』で中原中也賞。11年より広島に居を構える。『ここが家だ― ベン・シャーンの第五福竜丸』で日本絵本賞。原爆で被爆した物を語り部にした写真絵本『さがしています』で広島文化賞。絵本『ドームがたり』で日本絵本賞など多数受賞。19年春、丸木 俊・丸木 位里 「原爆の図」より紙芝居『ちっちゃい こえ』を完成、放射線被害の怖さを伝えている。他に著書多数。

∇核利用サイクルの過程で引き起こされ、今なお拡大している甚大な核被害の問題、核戦争の危機を見据えることがヒロシマ の課題である。 ∇核開発による人類生存の危機を根っこから断ち切るべく、ウラン採掘、核兵器、原発、劣化ウラン兵器など核利用のサイク ルによりもたらされている非人道的被害の原点から、あらためて「核と人類は共存できない」ことを確認し、国際的な連帯 のネットワークを築くことを推進しよう。

∇日本政府・原子力産業は、福島の核災害を封印し、原発の再稼働・海外への原発輸出、核保有の意図をも持つ使用済み核燃 料再処理によるプルトニウムの備蓄など核利用サイクル政策を推進し「偽装の被爆国・日本」の姿を世界にさらし備蓄したプルトニウムに国際的な懸念を拡げている。

∇核兵器廃絶のための核兵器禁止条約早期発効の早期実現のため更に国際的連帯を強める。核兵器禁止条約が制定され支持する国際的潮流が大勢となったにも拘らず、被爆国日本は「橋渡し」どころか米トランプ政権などの核保有国と共に国際的溝 を深め妨害している。民衆の連帯の力で跳ね返し、核兵器廃絶のための最も有効な核兵器禁止条約の発効をめざそう。

共 催 : 核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)     NO DU(劣化ウラン兵器禁止)ヒロシマ・プロジェクト(ICBUW-Hiroshima)

核兵器禁止条約の発効を求めるヒロシマ声明

土曜日, 7月 27th, 2019

2019.7.16 キャンドル・アピール

 ヒロシマから核兵器禁止条約の早期発効を! キャンドル・アピール       

RATIFY BAN NUKES NOW! 2019

今こそ核兵器禁止条約の批准・発効を!2019

       核兵器廃絶を求めるヒロシマの会(HANWA)

      核兵器禁止条約の早期発効を求めるヒロシマ市民一同

       

核兵器禁止条約の発効を求めるヒロシマ声明

2年前の2017年7月7日に、122か国の賛同によって核兵器禁止条約が国連で採択されました。核兵器は、存在も使用も威嚇も許すことのできない非人道的兵器であり、法的に禁止することによって人類が生きのびる可能性を圧倒的多数の国々が選んだのです。 核保有国や核抑止力政策を採る国々が核兵器禁止条約の実現を妨害しようとも、核兵器廃絶のために最も短い道である核の法的禁止は世界中の共通認識となりました。  

私たち広島市民は、核兵器禁止条約制定2周年に当たり核兵器禁止条約の発効に必要な 批准国を50カ国以上に拡げなければと世界中に、市民の描くキャンドル・メッセージで アピールします。 核利用サイクルの過程で引き起こされ、今なお拡大している甚大な核被害の問題、核戦争の危機を見据えることがヒロシマの課題です。  

核開発による人類生存の危機を根っこから断ち切るべく、ウラン採掘、核兵器、原発、劣化ウラン兵器など核利用のサイクルによりもたらされている非人道的被害の原点から、あらためて「核と人類は共存できない」ことを確認し、国際的な連帯のネットワークを築くことを推進していきます。

「唯一の戦争被爆国」を名乗る日本政府は、核兵器禁止条約に反対し、核兵器廃絶への道を阻みつつ「核保有国と非保有国の溝を埋める橋渡し役を」果すと言います。しかし、自らは核依存政策を維持し、「橋渡し」どころか米トランプ政権などの核保有国の側に立ち、国際的溝を深め妨害しているのが実態ではありませんか。 同時に他方では、被爆の安全神話を振り撒き福島の核災害を封印し、原発被害者を棄民にしようとしています。原発の再稼働、海外への原発輸出、自国の核保有の意図をも持つ使用済み核燃料再処理によるプルトニウムの備蓄など核利用サイクル政策を推進して国際的な疑念と不信を拡げています。 核兵器禁止条約が制定され支持する国際的潮流は押し戻すことのできない大勢となっています。

ヒロシマ市民は、広島市長が被爆74年の原爆被曝の日に世界に発する広島平和宣言において日本政府に対し核兵器禁止条約の賛同国となることを要求するよう、私たち市民を代表して高らかに宣言することを求めます。 核兵器廃絶のための核兵器禁止条約発効の早期実現のため、国際的連帯を更に強める民衆の連帯の力こそが、核兵器廃絶のための最も有効な核兵器禁止条約の発効を実現するものだと信じます。

                  2019年7月16日 

Statement Hiroshima Demands Ban Nukes Treaty Be Immediately

Effectuated HANWA Candle Appeal

RATIFY BAN NUKES NOW! 2019

Two years ago on 7th July 2017, the proposed Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons was adopted with the approval of 122 countries at the United Nations Headquarters. Nuclear Weapons are totally inhumane weapons whose existence or use must be forbidden. Threat of its use cannot be permitted, either. That is the reason why an overwhelming majority of states chose to prohibit nuclear weapons in order to pursue the possibility of the survival of human beings.

Even though nuclear-weapon states and those dependent on nuclear deterrence for their security have attempted to prevent the Treaty from coming into effect, the legal prohibition of nuclear weapons is now common understanding throughout the world as the shortest way to abolition.

On the anniversary of the adoption of the Treaty, we, citizens of Hiroshima, appeal to the world by lighting candles to express our hope that more than 50 states will ratify the Treaty, so that it will be brought into effect as soon as possible.

Damage caused at every stage of the nuclear cycle continues to increase. The threat of nuclear war is also realistic. Hiroshima’s mission is to address these issues.

The humanitarian crisis must be completely overcome and we reaffirm that humans cannot coexist with nuclear and power. From the standpoint that uranium mines, nuclear power generation, depleted uranium weapons and atomic weapons all produce damage to humans, we continue to create networks of international alliance.

Japan, as the only atomic-bombed country, opposes the Treaty saying that it will “act as a mediator to bridge the gap between nuclear power states and non-nuclear states.” However, far from acting as a mediator, the government is actually widening the gap by always siding with the nuclear powers, particularly the Trump Administration.

On the other hand, our government is also spreading the myth of the safety of exposure to radiation, concealing the reality of the Fukushima disaster, thus abandoning victims of the catastrophe. Japan is also pursuing the nuclear-fuel cycle while re-opening shuttered power plants and further exporting the technology to open new power plants worldwide. Moreover, Japan is storing plutonium by reprocessing nuclear fuel which could be used to develop nuclear weapons in the future. This policy is arousing suspicion in the international community.

The approval of the Treaty has now acquired irreversible international currency. Hiroshima citizens request the Mayor of Hiroshima to demand clearly in the Peace Declaration to be issued on the 6th of August that the government of Japan should sign and ratify the Treaty without delay.

We believe that joint efforts of people across the world to make the Treaty come into effect as soon as possible will most effectively realize a world free of nuclear weapons.

16th July 2019 HANWA

(Hiroshima Alliance for Nuclear Weapons Abolition)

Hiroshima Citizens for Immediate Realization of Ban Nukes Treaty                 

核兵器禁止条約の早期発効のためのヒロシマ行動

日曜日, 6月 30th, 2019

核兵器禁条約国連採択2周年記念

お知らせ

雨天のため、7月16日

(火)に変更しました。

準備頂いていた方々にはお詫びいたします。

内容・時間は変わりません。ご参加お待ちしております。

原爆ドーム・キャンドル・メッセージの集い

RATIFY BAN NUKES 

NOW! 2019

 (今こそ核兵器禁止条約の批准発効を!2019) 

・1000本のグラスにキャンドルの灯を燈し、上記のメッセージを広島市民が描き 写真撮影して国内外に発信します。  ・2017年7月7日に、122か国の賛同によって核兵器禁止条約が採択されました。核兵器は、存在も使用も威嚇も許すことのできない非人道的兵器であり、法的 に禁止すことによって人類が生きのびる可能性を選んだのです。

・核保有国や核抑止力政策を採る国々が核兵器禁止条約の実現を妨害しようとも、核 の法的禁止は世界中の共通認識となりました。  ・私たち広島市民は、改めて禁止条約の早期発効に必要な批准国を50カ国以上に拡 げなければと世界中に市民の描くキャンドル・メッセージでアピールしましょう。  

日時:7月16日(火)(変更後の日程)

        19:00~20:30 

雨天決行(大雨注意報・警報が出ている場合は中止)

場所:原爆ドーム東側   


原爆ドーム・キャンドル・メッセージ プログラム

(17:30 準備開始ボランティア集合/文字ライン引き/撮影装置準備/キャンドル)  

19:30 開会挨拶  

 19:35 核兵器禁止条約発効向けて趣旨説明

19:40 メッセージづくりについて指示説明

19:45~ キャンドル・メッセージづくり  キャンドルに点火して参加者がメッセージ文字づくり開始

19:50:リレーメッセージ   被爆者2人、高校生平和大使 

20:00:世界への核兵器禁止条約発効に向けて声明発表

20:05:メッセージ完成 キャンドルのドーム側に参加者集合 撮影体制づくり   

20:15:写真撮影(メッセージ、参加者、原爆ドームが一体となった場面)

20:30:キャンドル・メッセージの集い終了     閉会挨拶   

 *キャンドルを入れるグラスは実行委員会で準備していますが、参加者の皆さんもマ イグラス(ジャムの空き瓶など)として持参されることを歓迎します。  


核兵器廃絶をめざすヒロシマの会

Hiroshima Alliance for Nuclear Weapons Abolition HANWA)

共同代表:青木克明 足立修一 森瀧春子

【事務局】〒730-0013 広島市中区八丁堀5-22 メゾン京口門404号室  足立・西法律事務所内

【Eメール】 hanwa@e-hanwa.org

【HP】http://www.e-hanwa.org/    

連絡先090-9064-4705(森瀧)

総会及び記念講演会のお知らせ

木曜日, 5月 2nd, 2019

核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)  

Hiroshima Alliance for Nuclear Weapons Abolition

HANWA第19回総会

日時:5月6日(月・休)13:00~14:20

会場:合人社ウェンディひと・まちプラザ・6Fマルチメディアスタジオ (広島市まちづくり市民交流プラザ・広島市中区袋町6 番36 号))

記念講演会  一般公開

米トランプ政権のINF(中距離核戦略)全廃条約の破棄、小型核兵器開発製造など核戦争の危機が高まっています。核兵器禁止条約発効に向けた世界的潮流とそれに逆行する核保有国、核抑止政策に固執し日米核軍事同盟を強める日本政府の現状など国内外の核をめぐる情勢を直視し、ヒロシマの役割を果たすために、核に関する世界情勢の分析に詳しいヒロシマのジャーナリストからの提起を受ける貴重な機会にしたいと思います。

日時:5月6日(月・休)14:40~16:10

会場:合人社ウェンディひと・まちプラザ・6階マルチメディアスタジオ

資料代 500円

<核をめぐる最近の状況と取り組むべき課題―ヒロシマの役割>

講師 金崎由美氏 中国新聞・ヒロシマ平和メディアセンター記者

講師プロフィル

中国新聞 ヒロシマ平和メディアセンター記者

中国新聞 元論説委員       中国新聞「生きて」にサーロー節子さん取材の連載記事掲載

「グレーゾーン 低線量被曝の影響」連載で科学ジャーナリスト大賞受賞

2019 HANWA総会と記念講演会

反核シンポジウム~核なき世界を実現するために~ サーロー節子さんが伝えたいこと

木曜日, 11月 15th, 2018

反核シンポジウム  

   ~核なき世界を実現するために~

  サーロー節子さんが伝えたいこと

  •  11月28日(水) 18:30~20;30
  •  場所:広島平和記念資料館地下・メモリアルホール
  •  主催:核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA) 資料代 700円

 

基調講演:サーロー節子さん

「核絶対否定のために今なすべきこと」

ヒロシマとの対話―パネリスト

:サーロー節子

:金崎由美  中国新聞・平和メディアセンター記者

(「生きて」にサーローさん取材の連載記事掲載)

:下久保理子 (第21代高校生平和大使・ノートルダム清心高2年))

:森瀧春子(HANWA共同代表)

ファシリテータ―:渡部朋子(ANT理事長/HANWA運営委員)

8.6 ヒロシマ国際対話集会 反核の夕べ2018

日曜日, 8月 5th, 2018

チラシPDF

 

8.6 ヒロシマ国際対話集会 反核の夕べ2018

~核と人類は共存できない~

日時:8月6日(月)14:30 ~ 17:30(開場14:00)

会場:合人社ウェンディひと・まちプラザ・6F マルチメディア・スタジオ

(広島市まちづくり市民交流プラザ) 広島市中区袋町6-36 ℡ 082-545-3911

資料代:700 円

ーーーーーーーーーーーーーーー

核被害を拡げないため、核被害の実態を明らかにし核被害者への支援・原子力推進阻止を!

核をめぐる危機的現状を明らかにし核兵器禁止条約の早期発効のため国際連帯のもと国を動かしていこう!

核開発による人類生存の危機を根っこから断ち切るべく、ウラン採掘、核兵器、原発、劣化ウラン兵器など核利用のサイクルによりもたらされている非人道的被害の原点から、あらためて「核と人類は共存できない」ことを確認し、国際的な連帯のネットワークを築くことを考える場にしましょう。

安倍政権は福島の核災害に蓋をし、原発の再稼働・海外への原発輸出、核兵器保有の意図をも持つ使用済み核燃料再処理によるプルトニウムの備蓄など核利用サイクル政策を推進し「偽装の被爆国・日本」の姿を世界にさらしています。核利用サイクルの過程で引き起こされ、今なお拡大している甚大な核被害の問題、核戦争の危機を見据えることがヒロシマの課題です。

核兵器廃絶のための核兵器禁止条約早期発効に向け国際的連携を図ること、まず日本などが署名批准し禁止条約を発効することが朝鮮半島の非核化につながるという展望を共有し、核兵器禁止条約に反対し国際的潮流に逆行している米トランプ政権や日本政府などにどう迫っていくか知恵を出し合いましょう。


 

パネリスト:

●ジャンナ・フィロメンコ :チェルノブイリ原発被害「移住者の会」 代表

『チェルノブィリ・ヒバクシャの想い』

紹介:振津かつみ 内科医 ICBUW運営委員  チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西

柴口正武:福島県教職員組合双葉支部長 浪江町立浪江東中学校教諭(浪江中兼務)

避難校から見た原発震災 ~教育実践を通して~』

清水弘士: 被爆者 HANWA運営委員

『被爆73年、核戦争の危機のただなかに生きる-被爆者の視点―』        

川崎哲:ICAN国際運営委員 核兵器廃絶日本NGO連絡会共同世話人

『核兵器禁止条約を発効させるために』     

コーディネーター :森瀧 春子 :HANWA共同代表 NO DU ヒロシマ・プロジェクト事務局長

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

海外パネリスト・プロフィール:

ジャンナ・フィロメンコ氏/チェルノブイリ原発被害「移住者の会」 代表

チェルノブイリ原発から北西40km のベラルーシ共和国ゴメリ州ナローブリア出身。事故当時、夫と幼い二人の息子と暮らしていた。ナローブリアは高汚染地だったが、ソ連政府の施策のもと、人々は住み続けた。住民運動の結果、「チェルノブイリ法」(1991 年) が制定され、同地区は「移住対象地域」となり、首都ミンスクの集合住宅の権利を得て家族で移住。「移住者の会」を結成。「事故15 周年(2001 年)」に来日。「30 周年(2016 年)」には、関西の国際シンポジウムなどに参加し、また福島被災地訪問。欧州各地でも体験を語り「核はコントロールできず、使ってはならない。誤りを繰り返さないで」と訴えている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

共催:核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)

NO DU(劣化ウラン兵器禁止)ヒロシマ・プロジェクト

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)

共同代表 青木克明 足立修一 森瀧春子

事務局:広島市中区八丁堀5-22 メゾン京口門404号室 足立・西法律事務所内

e-mail: hanwa@e-hanwa.org ℡ 090-9064-4705( 森瀧)

ICAN・ティム・ライト氏と広島反核NGOとの意見交換会

金曜日, 7月 20th, 2018

フライヤーPDFTim Wright氏講演会

~核兵器禁止条約国連採択1 周年を記念し
 核兵器禁止条約発効を促進させるために~
<ICAN・ティム・ライト氏と広島反核NGOとの意見交換会>

「核兵器禁止条約のためのヒロシマ共同行動」参加団体のみなさまへ

 

日 時:7月20日(金)18:30 ~ 20:30(開場 18:00)
場 所:広島平和記念資料館 地下会議室Ⅰ
対 象:「核兵器禁止条約のためのヒロシマ共同行動」への
参加団体関係者
参加費:無 料

内 容:ティム・ライト氏基調講演 NGO との意見交換
ICAN・1000 日ファンドキャンペーン協力等

共 催:核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)
特定非営利活動法人ANT-Hiroshima

*国連での核兵器禁止条約採択1 周年を記念し、条約発効を促進させるため、核兵器禁止条約発効に向けたリーダーシップを発揮
しノーベル平和賞を受賞した国際反核NGO・ICANと広島の反核NGOが連携した取り組みをどう進めていくかについて意
見交換し、国際連帯を強める場とします。
*「核保有国や日豪など核の傘に依存し禁止条約に背を向ける国々の妨害により批准が進まない現状の問題点は何か、どう打開す
るか」についてティム・ライト氏に提起してもらい、共に課題解決のため協議する場とします。
*「ヒバクシャ国際署名キャンペーン」が禁止条約採択の日7 月7 日を中心に国内で展開するピース・ウェーブに連帯して開催します。
*ティム・ライト氏は、広島市立大学、中国新聞社などの主催による7月22日の国際シンポジウムに招かれています。その機会に、
昨年来核兵器禁止条約ヒロシマ共同行動に結集した広島NGOに呼びかけ意見交換会を開催します。

講師プロフィール

ティム・ライト氏

核兵器廃絶国際キャンペーン
ICANの条約コーディネー
ター、オーストラリアでティ
ルマン・ラフ氏達とICAN
創設に参加、広島にも数回訪
れ我々と連携してきた。国内
外で核兵器廃絶・禁止条約
のための運動を牽引してきた
若きリーダー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ティム・ライト氏 参加講演会
*国際シンポジウム
「平和への扉を開く―核兵器禁止条約と、これから」
日  時:7月22日(日)13 時半~ 16 時半
場  所: 国際会議場地下2階大会議室ダリア
基調講演: ティム・ライト氏(ICAN 条約コーディネーター)
( 詳細は6月26日付中国新聞告知記事参照)
*一般市民公開は中国新聞等の招聘主催者が行います。NGOと
しては「核兵器禁止条約のためのヒロシマ共同行動」の参加
団体を通じて参加を呼びかけます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

お問いあわせ

核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)
広島市中区八丁堀5-22 メゾン京口門404 号室 足立・西法律事務所内
共同代表 青木克明 足立修一 森瀧春子 090-9064-4705(森瀧)
e-mail hanwa@e-hanwa.org

特定非営利活動法人ANT-Hiroshima
広島市中区上八丁堀8-14 安芸リーガルビル5F
理事長 渡部朋子 082-502-6304

 

 

 

Congrats, ICAN, for nuclear-ban treaty and receiving Nobel Peace Prize!

日曜日, 12月 10th, 2017

核兵器禁止条約・ICANのノーベル平和賞おめでとう!

Congrats, ICAN, for nuclear-ban treaty and receiving Nobel Peace Prize!

 

サーロー節子さん ありがとう!頑張って!

Setsuko Thurlow, many thanks and cheers!

 

核禁条約で核なき世界を!世界の人々と!

United with global people, let’s achieve a nuke-free world with nuclear-ban treaty!

 

 

ビデオメッセージを届けます。

月曜日, 11月 27th, 2017

ノーベル平和賞授賞式翌日のコンサート(平和賞委員会主催)での、

世界から核廃絶のビデオメッセージを集め上映するICANの企画、

これに参加しヒロシマ原爆ドームから1分のメッセージを届けます。

 

日時:  11月27日(月) 12:00から約30分

場所:  原爆ドーム前

バナーを掲げみんなで「核兵器禁止条約による核廃絶を!」と声をそろえる。

英語で発するためプリントを配布します。

8・6ヒロシマ国際対話集会―反核の夕べ2017

水曜日, 7月 19th, 2017

印刷用PDF


 

8・6ヒロシマ国際対話集会―反核の夕べ2017

核兵器禁止条約から核廃絶へ ―今、私たちは何をなすべきか―

 

国連の核兵器禁止条約交渉会議で7月7日、禁止条約が賛成122カ国、反対1、棄権1の圧倒的多数で採択されました。条約は9月20日以降、50カ国が批准すればその90日後に発効します。米国による広島・長崎への原爆投下から72年にしてようやく世界は核兵器廃絶へ踏み出しました。一方で核をめぐる情勢は、核超大国の米ロが相次いで核戦力の増強を表明、北朝鮮が核開発やミサイル発射実験を繰り返すのに対してトランプ米政権が軍事行動も選択肢と示唆するなど、冷戦終結以降最悪の状況を迎えています。全核保有国と日本など「核の傘」の下にある国々が禁止条約に反対する中で、条約締結国を広げていくために、まず被爆国日本政府の核政策を変え、条約に署名、批准することが世界から求められています。歴史的な核兵器禁止条約が成立した今、核なき世界の実現へ向けて私たちは何をなすべきかをパネリストとともに考えてみませんか。

 

写真1(左) 禁止条約交渉会議で禁止条約採択を喜ぶ議場の被爆者。サーロー節子さん(中央)と藤森俊希日本被団協事務局次長(サーローさんから1人おいて左)

写真2(右) 7/8 核兵器禁止条約採択を歓迎する原爆ドーム前集会(核兵器禁止条約のためのヒロシマ共同行動)


2017年8月6日(日)14:30~18:00

合人社ウェンディひと・まちプラザ(広島市まちづくり市民交流プラザ)

6F マルチメディア・スタジオ(広島市中区袋町6-36 電話:082-545-3911)

資料代 700円(学生無料)

 

〈パネリスト〉

■川崎 哲さん 核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員、ピースボート共同代表

■太田昌克さん ジャーナリスト 共同通信編集委員、論説委員兼務

        「被爆国政府、政策決定の舞台裏」

■原田 浩さん 元広島平和記念資料館館長、被爆者

        「ヒロシマの願いを発信 ―被爆体験を原点に」

■第20代高校生平和大使、広島県立高校3年

        「全ての命を核兵器から守るために」

■ピーター・カズニックさん アメリカン大学教授

        「トランプ大統領と安倍政権の支持率急落の現状について」

■森瀧春子さん 核兵器廃絶をめざすヒロシマの会共同代表(HANWA)

        「核兵器禁止条約に向けたHANWA

〈ゲストスピーカー(会場から)〉

■箕牧智之さん 広島県被団協(坪井理事長)副理事長、禁止条約交渉会議傍聴

■林田光弘さん ヒバクシャ国際署名キャンペーンリーダー

 

〈コーディネーター〉

■沢田 正さん HANWA事務局長、日本ジャーナリスト会議会員(JCJ)

 


共催:核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)

NO DU(劣化ウラン兵器禁止)ヒロシマ・プロジェクト(ICBUW-HIROSHIMA)

連絡先:090-7307-1862(沢田)