Archive for the ‘未分類’ Category

総会及び記念講演会のお知らせ

木曜日, 5月 2nd, 2019

核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)  

Hiroshima Alliance for Nuclear Weapons Abolition

HANWA第19回総会

日時:5月6日(月・休)13:00~14:20

会場:合人社ウェンディひと・まちプラザ・6Fマルチメディアスタジオ (広島市まちづくり市民交流プラザ・広島市中区袋町6 番36 号))

記念講演会  一般公開

米トランプ政権のINF(中距離核戦略)全廃条約の破棄、小型核兵器開発製造など核戦争の危機が高まっています。核兵器禁止条約発効に向けた世界的潮流とそれに逆行する核保有国、核抑止政策に固執し日米核軍事同盟を強める日本政府の現状など国内外の核をめぐる情勢を直視し、ヒロシマの役割を果たすために、核に関する世界情勢の分析に詳しいヒロシマのジャーナリストからの提起を受ける貴重な機会にしたいと思います。

日時:5月6日(月・休)14:40~16:10

会場:合人社ウェンディひと・まちプラザ・6階マルチメディアスタジオ

資料代 500円

<核をめぐる最近の状況と取り組むべき課題―ヒロシマの役割>

講師 金崎由美氏 中国新聞・ヒロシマ平和メディアセンター記者

講師プロフィル

中国新聞 ヒロシマ平和メディアセンター記者

中国新聞 元論説委員       中国新聞「生きて」にサーロー節子さん取材の連載記事掲載

「グレーゾーン 低線量被曝の影響」連載で科学ジャーナリスト大賞受賞

2019 HANWA総会と記念講演会

反核シンポジウム~核なき世界を実現するために~ サーロー節子さんが伝えたいこと

木曜日, 11月 15th, 2018

反核シンポジウム  

   ~核なき世界を実現するために~

  サーロー節子さんが伝えたいこと

  •  11月28日(水) 18:30~20;30
  •  場所:広島平和記念資料館地下・メモリアルホール
  •  主催:核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA) 資料代 700円

 

基調講演:サーロー節子さん

「核絶対否定のために今なすべきこと」

ヒロシマとの対話―パネリスト

:サーロー節子

:金崎由美  中国新聞・平和メディアセンター記者

(「生きて」にサーローさん取材の連載記事掲載)

:下久保理子 (第21代高校生平和大使・ノートルダム清心高2年))

:森瀧春子(HANWA共同代表)

ファシリテータ―:渡部朋子(ANT理事長/HANWA運営委員)

8.6 ヒロシマ国際対話集会 反核の夕べ2018

日曜日, 8月 5th, 2018

チラシPDF

 

8.6 ヒロシマ国際対話集会 反核の夕べ2018

~核と人類は共存できない~

日時:8月6日(月)14:30 ~ 17:30(開場14:00)

会場:合人社ウェンディひと・まちプラザ・6F マルチメディア・スタジオ

(広島市まちづくり市民交流プラザ) 広島市中区袋町6-36 ℡ 082-545-3911

資料代:700 円

ーーーーーーーーーーーーーーー

核被害を拡げないため、核被害の実態を明らかにし核被害者への支援・原子力推進阻止を!

核をめぐる危機的現状を明らかにし核兵器禁止条約の早期発効のため国際連帯のもと国を動かしていこう!

核開発による人類生存の危機を根っこから断ち切るべく、ウラン採掘、核兵器、原発、劣化ウラン兵器など核利用のサイクルによりもたらされている非人道的被害の原点から、あらためて「核と人類は共存できない」ことを確認し、国際的な連帯のネットワークを築くことを考える場にしましょう。

安倍政権は福島の核災害に蓋をし、原発の再稼働・海外への原発輸出、核兵器保有の意図をも持つ使用済み核燃料再処理によるプルトニウムの備蓄など核利用サイクル政策を推進し「偽装の被爆国・日本」の姿を世界にさらしています。核利用サイクルの過程で引き起こされ、今なお拡大している甚大な核被害の問題、核戦争の危機を見据えることがヒロシマの課題です。

核兵器廃絶のための核兵器禁止条約早期発効に向け国際的連携を図ること、まず日本などが署名批准し禁止条約を発効することが朝鮮半島の非核化につながるという展望を共有し、核兵器禁止条約に反対し国際的潮流に逆行している米トランプ政権や日本政府などにどう迫っていくか知恵を出し合いましょう。


 

パネリスト:

●ジャンナ・フィロメンコ :チェルノブイリ原発被害「移住者の会」 代表

『チェルノブィリ・ヒバクシャの想い』

紹介:振津かつみ 内科医 ICBUW運営委員  チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西

柴口正武:福島県教職員組合双葉支部長 浪江町立浪江東中学校教諭(浪江中兼務)

避難校から見た原発震災 ~教育実践を通して~』

清水弘士: 被爆者 HANWA運営委員

『被爆73年、核戦争の危機のただなかに生きる-被爆者の視点―』        

川崎哲:ICAN国際運営委員 核兵器廃絶日本NGO連絡会共同世話人

『核兵器禁止条約を発効させるために』     

コーディネーター :森瀧 春子 :HANWA共同代表 NO DU ヒロシマ・プロジェクト事務局長

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

海外パネリスト・プロフィール:

ジャンナ・フィロメンコ氏/チェルノブイリ原発被害「移住者の会」 代表

チェルノブイリ原発から北西40km のベラルーシ共和国ゴメリ州ナローブリア出身。事故当時、夫と幼い二人の息子と暮らしていた。ナローブリアは高汚染地だったが、ソ連政府の施策のもと、人々は住み続けた。住民運動の結果、「チェルノブイリ法」(1991 年) が制定され、同地区は「移住対象地域」となり、首都ミンスクの集合住宅の権利を得て家族で移住。「移住者の会」を結成。「事故15 周年(2001 年)」に来日。「30 周年(2016 年)」には、関西の国際シンポジウムなどに参加し、また福島被災地訪問。欧州各地でも体験を語り「核はコントロールできず、使ってはならない。誤りを繰り返さないで」と訴えている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

共催:核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)

NO DU(劣化ウラン兵器禁止)ヒロシマ・プロジェクト

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)

共同代表 青木克明 足立修一 森瀧春子

事務局:広島市中区八丁堀5-22 メゾン京口門404号室 足立・西法律事務所内

e-mail: hanwa@e-hanwa.org ℡ 090-9064-4705( 森瀧)

ICAN・ティム・ライト氏と広島反核NGOとの意見交換会

金曜日, 7月 20th, 2018

フライヤーPDFTim Wright氏講演会

~核兵器禁止条約国連採択1 周年を記念し
 核兵器禁止条約発効を促進させるために~
<ICAN・ティム・ライト氏と広島反核NGOとの意見交換会>

「核兵器禁止条約のためのヒロシマ共同行動」参加団体のみなさまへ

 

日 時:7月20日(金)18:30 ~ 20:30(開場 18:00)
場 所:広島平和記念資料館 地下会議室Ⅰ
対 象:「核兵器禁止条約のためのヒロシマ共同行動」への
参加団体関係者
参加費:無 料

内 容:ティム・ライト氏基調講演 NGO との意見交換
ICAN・1000 日ファンドキャンペーン協力等

共 催:核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)
特定非営利活動法人ANT-Hiroshima

*国連での核兵器禁止条約採択1 周年を記念し、条約発効を促進させるため、核兵器禁止条約発効に向けたリーダーシップを発揮
しノーベル平和賞を受賞した国際反核NGO・ICANと広島の反核NGOが連携した取り組みをどう進めていくかについて意
見交換し、国際連帯を強める場とします。
*「核保有国や日豪など核の傘に依存し禁止条約に背を向ける国々の妨害により批准が進まない現状の問題点は何か、どう打開す
るか」についてティム・ライト氏に提起してもらい、共に課題解決のため協議する場とします。
*「ヒバクシャ国際署名キャンペーン」が禁止条約採択の日7 月7 日を中心に国内で展開するピース・ウェーブに連帯して開催します。
*ティム・ライト氏は、広島市立大学、中国新聞社などの主催による7月22日の国際シンポジウムに招かれています。その機会に、
昨年来核兵器禁止条約ヒロシマ共同行動に結集した広島NGOに呼びかけ意見交換会を開催します。

講師プロフィール

ティム・ライト氏

核兵器廃絶国際キャンペーン
ICANの条約コーディネー
ター、オーストラリアでティ
ルマン・ラフ氏達とICAN
創設に参加、広島にも数回訪
れ我々と連携してきた。国内
外で核兵器廃絶・禁止条約
のための運動を牽引してきた
若きリーダー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ティム・ライト氏 参加講演会
*国際シンポジウム
「平和への扉を開く―核兵器禁止条約と、これから」
日  時:7月22日(日)13 時半~ 16 時半
場  所: 国際会議場地下2階大会議室ダリア
基調講演: ティム・ライト氏(ICAN 条約コーディネーター)
( 詳細は6月26日付中国新聞告知記事参照)
*一般市民公開は中国新聞等の招聘主催者が行います。NGOと
しては「核兵器禁止条約のためのヒロシマ共同行動」の参加
団体を通じて参加を呼びかけます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

お問いあわせ

核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)
広島市中区八丁堀5-22 メゾン京口門404 号室 足立・西法律事務所内
共同代表 青木克明 足立修一 森瀧春子 090-9064-4705(森瀧)
e-mail hanwa@e-hanwa.org

特定非営利活動法人ANT-Hiroshima
広島市中区上八丁堀8-14 安芸リーガルビル5F
理事長 渡部朋子 082-502-6304

 

 

 

Congrats, ICAN, for nuclear-ban treaty and receiving Nobel Peace Prize!

日曜日, 12月 10th, 2017

核兵器禁止条約・ICANのノーベル平和賞おめでとう!

Congrats, ICAN, for nuclear-ban treaty and receiving Nobel Peace Prize!

 

サーロー節子さん ありがとう!頑張って!

Setsuko Thurlow, many thanks and cheers!

 

核禁条約で核なき世界を!世界の人々と!

United with global people, let’s achieve a nuke-free world with nuclear-ban treaty!

 

 

ビデオメッセージを届けます。

月曜日, 11月 27th, 2017

ノーベル平和賞授賞式翌日のコンサート(平和賞委員会主催)での、

世界から核廃絶のビデオメッセージを集め上映するICANの企画、

これに参加しヒロシマ原爆ドームから1分のメッセージを届けます。

 

日時:  11月27日(月) 12:00から約30分

場所:  原爆ドーム前

バナーを掲げみんなで「核兵器禁止条約による核廃絶を!」と声をそろえる。

英語で発するためプリントを配布します。

8・6ヒロシマ国際対話集会―反核の夕べ2017

水曜日, 7月 19th, 2017

印刷用PDF


 

8・6ヒロシマ国際対話集会―反核の夕べ2017

核兵器禁止条約から核廃絶へ ―今、私たちは何をなすべきか―

 

国連の核兵器禁止条約交渉会議で7月7日、禁止条約が賛成122カ国、反対1、棄権1の圧倒的多数で採択されました。条約は9月20日以降、50カ国が批准すればその90日後に発効します。米国による広島・長崎への原爆投下から72年にしてようやく世界は核兵器廃絶へ踏み出しました。一方で核をめぐる情勢は、核超大国の米ロが相次いで核戦力の増強を表明、北朝鮮が核開発やミサイル発射実験を繰り返すのに対してトランプ米政権が軍事行動も選択肢と示唆するなど、冷戦終結以降最悪の状況を迎えています。全核保有国と日本など「核の傘」の下にある国々が禁止条約に反対する中で、条約締結国を広げていくために、まず被爆国日本政府の核政策を変え、条約に署名、批准することが世界から求められています。歴史的な核兵器禁止条約が成立した今、核なき世界の実現へ向けて私たちは何をなすべきかをパネリストとともに考えてみませんか。

 

写真1(左) 禁止条約交渉会議で禁止条約採択を喜ぶ議場の被爆者。サーロー節子さん(中央)と藤森俊希日本被団協事務局次長(サーローさんから1人おいて左)

写真2(右) 7/8 核兵器禁止条約採択を歓迎する原爆ドーム前集会(核兵器禁止条約のためのヒロシマ共同行動)


2017年8月6日(日)14:30~18:00

合人社ウェンディひと・まちプラザ(広島市まちづくり市民交流プラザ)

6F マルチメディア・スタジオ(広島市中区袋町6-36 電話:082-545-3911)

資料代 700円(学生無料)

 

〈パネリスト〉

■川崎 哲さん 核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員、ピースボート共同代表

■太田昌克さん ジャーナリスト 共同通信編集委員、論説委員兼務

        「被爆国政府、政策決定の舞台裏」

■原田 浩さん 元広島平和記念資料館館長、被爆者

        「ヒロシマの願いを発信 ―被爆体験を原点に」

■第20代高校生平和大使、広島県立高校3年

        「全ての命を核兵器から守るために」

■ピーター・カズニックさん アメリカン大学教授

        「トランプ大統領と安倍政権の支持率急落の現状について」

■森瀧春子さん 核兵器廃絶をめざすヒロシマの会共同代表(HANWA)

        「核兵器禁止条約に向けたHANWA

〈ゲストスピーカー(会場から)〉

■箕牧智之さん 広島県被団協(坪井理事長)副理事長、禁止条約交渉会議傍聴

■林田光弘さん ヒバクシャ国際署名キャンペーンリーダー

 

〈コーディネーター〉

■沢田 正さん HANWA事務局長、日本ジャーナリスト会議会員(JCJ)

 


共催:核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)

NO DU(劣化ウラン兵器禁止)ヒロシマ・プロジェクト(ICBUW-HIROSHIMA)

連絡先:090-7307-1862(沢田)

 

核兵器禁止条約案採択を歓迎する原爆ドーム前集会

月曜日, 7月 3rd, 2017

↑リンク:世界核被害者フォーラム(FB)に写真が掲載されています。

 

核兵器禁止条約案採択を歓迎する原爆ドーム前集会フライヤー

 

禁止条約交渉会議で現地時間の7日(日本時間では8日)、禁止条約案が採択され、世界は核兵器廃絶へ向け
て歴史的な一歩を踏み出します。核被害の原点であるヒロシマから条約案の成立を熱烈に歓迎するメッセージ
を世界に先駆けて発し、秋の国連総会での条約採択に向けてヒロシマが一つになって全力で取り組む決意を表
すとともに、条約制定に反対する日本政府に対し、賛成するよう迫りましょう。

 

<共同行動そのⅢ>
核兵器禁止条約案採択を歓迎する原爆ドーム前集会

 

日 時:7月8日(土)15:00 ~ 15:30  (午後3時~3時半)

雨天決行(大雨注意報・警報が出ている場合は中止)

場 所:原爆ドーム東側

ーーーーーーーーーーーー

内 容:

●国連交渉会議支持現地行動参加報告

●共同宣言(日本語・英語)

国連・核兵器禁止条約交渉会議のホワイト議長や国際NGOなど国際機関、 日本政府・外務省に送付

●写真撮影

原爆ドームをバックに禁止条約案歓迎の横断幕(日本語・英語)を前にした参加者が白い折り鶴を持った写真を国連や国際NGOなどにネットで送り、世界に発信


ヒロシマ緊急共同行動への参加団体・グループを募っています。事務局へご連絡ください。

◆実行委員会参加団体 (7 月8 日現在 23 団体)

核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)

NO DUヒロシマ・プロジェクト

広島県被団協(坪井理事長)

広島県原水禁 広島

県保険医協会

広島県原水協

広島県被団協(佐久間理事長)

第九条の会ヒロシマ

広島YMCA国際コミュニティーセンター

ANT -Hiroshima

さよなら原発ヒロシマの会

上関原発止めよう!広島ネットワーク

広島医療生協

広島県民主医療機関連合会

ピースリンク広島 呉 岩国

韓国の原爆被害者を救援する市民の会・広島支部

カトリック正義と平和広島協議会

新日本の婦人の会広島県本部

広島宗教者平和協議会

被爆者支援広島ネットワーク

ヒロシマ革新懇

広島県AALA連帯委員会

被ばくの歴史・平和学市民コンソーシアム


核兵器禁止条約のためのヒロシマ共同行動実行委員会実行委員会
事務局:核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)
E-mail: hanwa@e-hanwa.org / haruko-m@f3.dion.ne.jp
Tel: 090-9064-4705 ( 事務局長・森瀧)

核兵器禁止条約のための広島緊急行動

火曜日, 5月 2nd, 2017

広島緊急行動ダウンロード用PDF(カラー)(5月2日現在)

 

モノクロ印刷用PDFはこちらをお使いください。(5月2日現在)

 

<核兵器禁止条約のためのヒロシマ緊急共同行動>

核兵器廃絶!ヒロシマ市民集会

核兵器禁止条約のためのヒロシマ共同行動実行委員会

 

今、私たちは核兵器禁止条約による核兵器廃絶への画期的な現実を迎えようとしている。これを歴史的事実となすべく市民一体となって行動するよう呼びかける。

核をめぐる状況は、核大国米ロの核増強政策、北朝鮮の核実験などで緊張が高まっている。核保有国や日本など核抑止力に安全保障を依存する国々は、禁止条約の成立を妨害しようと躍起になっている。

被爆後これまでの72年間にわたるヒバクシャを先頭とする先人たちの「核と人類は共存できない」という血のにじむような闘いを引き継ぎ、核兵器の非人道性を最もよく知る広島から、核兵器禁止条約実現のため、ヒロシマの声を一つにして世界に力強く訴える。

そのため、広島の被爆者団体をはじめ反核平和運動にかかわる団体・グループが幅広く実行委員会に結集し、核兵器禁止条約キャンペーン・ヒロシマ緊急共同行動を展開する。

 

<第1回核兵器禁止条約交渉会合報告と広島の課題>

  日時:527日(土)15時~1710

場所:広島市中区地域福祉センター(平和ビル)5F大会議室 

 

<プログラム>(5月27日更新)

 15:00  開会挨拶・・・青木克明HANWA共同代表

15:03  広島市長からのメッセージ・・・代読

15:06  広島県知事からのメッセージ・・・代読

15:06  基調報告 「核兵器禁止条約交渉の現状と展望」

川崎 哲さん ICAN国際運営委員、ピースボート共同代表  核兵器廃絶日本NGO連絡会共同世話人

16:25 ヒロシマ共同行動実行委員会より行動提起・・・森瀧春子共同行動事務局長

16:40 被爆者よりアピール・・・

佐久間邦彦広島県被団協理事長/箕牧智之広島県被団協副理事長

参加者紹介 きのこ会(原爆小頭症患者と家族の会)長岡義夫会長

16:50 反核団体より決意表明・・・

金子哲夫広島県原水禁代表委員/弘中孝江県広島県原水協事務局次長

17:00 共同宣言発表・・・渡部朋子ANT-Hiroshima理事長

*   (日本語・英語)で発し日本政府・外務省や国連、国際NGO など」国際機関に送る

17:05   閉会挨拶・・・秋葉忠利前市長

 

 

 

B.原爆ドーム・キャンドルメッセージの集い

国連に、世界に届けようヒロシマの声 「今こそ核兵器禁止条約を!」

日時:6月15日(木)19:30-20:30

場所:広島平和記念公園  原爆ドーム横

写真を撮影し、第2回核兵器禁止条約交渉会合(6/15—7/7)開会直前に、国連、世界へのメッセージをヒロシマ原爆ドームからネットで発信する。

  •  キャンドル・メッセージ  (今こそ核兵器禁止条約を!)

BAN NUKES NOW! 

2017

・1000本のキャンドルで上記のメッセージを描く

 

(3)核兵器禁止条約のためのヒロシマ緊急共同行動実行委員会参加団体 (5月22日現在)

  • 核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)
  • NO DUヒロシマ・プロジェクト
  • 広島県被団協(坪井理事長)
  • 広島県原水禁
  • 広島県保険医協会
  • 広島県原水協
  • 広島県被団協(佐久間理事長)
  • 第九条の会ヒロシマ
  • ANT-Hiroshima
  • 広島YMCA国際コミュニティーセンター
  • さよなら原発ヒロシマの会
  • 上関原発止めよう!広島ネットワーク
  • 広島医療生協
  • 広島県民主医療機関連合会
  • 被爆者支援広島ネットワーク
  • 新日本婦人の会広島
  • カトリック正義と平和広島協議会
  • 韓国の原爆被害者を救援する市民の会・広島支部

 

 

*上記を通して、[ヒバクシャ国際署名キャンペーン]を展開する。

6月1日の被爆者団体による街頭署名活動に参加支援する。

*広島の被爆者団体をはじめ反核平和活動にかかわる諸団体・グループに実行委員会への参加を引き続き呼びかけ広島一体となった取り組みとして進める。

*広島市、広島県には当日メッセージ文を要請する。

 

(4)核兵器禁止条約のためのヒロシマ共同行動実行委員会事務局

事務局長:森瀧春子

事務局:核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)

E-mail: hanwa@e-hanwa.orgharuko-m@f3.dion.ne.jp

Tel: 090-9064-4705 (森瀧)

 

シンポジウム 8・6ヒロシマ国際対話集会―反核の夕べ

土曜日, 7月 18th, 2015

150806hanwa

2015世界核被害者フォーラム・第4回プレ企画

<シンポジウム>

 

8・6ヒロシマ国際対話集会―反核の夕べ

 

世界核被害者フォーラムで何を目指すか

-核被害の原点から-

 

広島・長崎被爆70周年の夏、ウラン採掘、核兵器、原発、劣化ウラン兵器など核利用のサイクルによりもたらされている非人道的被害の原点から、あらためて「核と人類は共存できない」ことを確認しましょう。安倍政権は、福島の核災害に蓋をし、原発の再稼働・海外への原発輸出、核兵器保有の意図をも持つ使用済み核燃料再処理によるプルトニウム備蓄などの核利用サイクル政策を推進しています。

核利用のサイクルの過程で引き起こされている世界各地の甚大な核被害の根っ子を断ち切るべく国際的な連帯のネットワークを築くため、広島・長崎被爆70周年の今年11月に「核のない未来を!世界核被害者フォーラム」を開催します。本シンポジウムでは、目前に迫った世界核被害者フォーラムで何を獲得すべきか、今焦点の課題は何か、現実の厳しく厚い壁に立ち向かい得る叡智と力を探りましょう。

——————————

日時:8月6日(木)15:00-18:30

場所:広島市まちづくり市民交流プラザ 6F・マルチメディアスタジオ

資料代700円(学生無料)

—————————-

プログラム

——————————

開会挨拶:朝長 万左男 共同代表

(核兵器廃絶地球市民長崎集会実行委員長)

講師紹介:青木 克明 共同代表

(HANWA共同代表)

—————————–

基調講演

今中 哲二 さん

(京都大原子炉実験所助教)

『広島・長崎、チェルノブイリ、福島の被曝調査から

:科学の限界と研究者の役割』

—————————-

質疑  休憩

—————————-

パネルディスカッション

▼コーディネーター導入:森瀧春子事務局長(HANWA共同代表)

▼日野彰さん  福島県教職員組合・原発災害対策担当執行委員

「原発事故災害による教育現場の実態」

 

▼へイユイヌ・ル・カイユさん

ローランド・オルダムさん

(ポリネシア仏核実験被害者団体  ムルロワ・エト・タトゥー)

「核兵器廃絶の闘い・太平洋仏核実験による環境・生活基盤の破壊の状況」

 

▼本田歩さん

(2014高校生平和大使) (福島高専4年生)

「原発核災害に立ち向かう福島の若者の訴え」

 

▼アンエリス・ルアレンさん カリフォルニア大学 助教授

「先住民族と地球の輪:「核」がもたらす被害」

 

質疑討論

コーディネータ― まとめ

————————-

閉会挨拶 嘉指 信雄 共同代表

(ICBUW-Japan代表)

———————-

主催

:世界核被害者フォーラム実行委員会

:核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)

:ICBUW-Japan (ウラン兵器禁止を求める国際連合・日本)

連絡先:090-9064-4705(森瀧)

——————————————