7月 182009
 

090806-1.gif 

<8・6ヒロシマ国際対話集会-反核の夕べ2009>  

2010NPTで何を獲得するか

~核兵器廃絶をめざして NGOの役割~

日時 8月6日(木) 16001830(午後4時~6時半)

場所 広島市民交流プラザ  6F マルチメディア・スタジオ (袋町小学校北)

資料代 700円

核をめぐる情勢は、日本の核の傘依存政策の維持や拡大核抑止要求、米のミサイル防衛網をめぐるロシアとの対立、米国内の核軍縮への壁、原子力協力協定による核拡散の危機拡大など、厳しい状況がある。しかし、かってないほど、核兵器廃絶の方向にむけた国際的奔流が動き出している。平和市長会議などの国際的NGOの動き、国内での反核NGOネットワーク「ICNND日本NGO連絡会」の結成・活動の動きも活発化しており、2010年NPT再検討会議で何をどう獲得するか、NGOの役割が重要になる中で、核兵器禁止条約の実現を掲げて、世論をどう高めてゆくかを展望する。

パネリスト

ブルース・ギャノン Bruce Gagnon      宇宙への兵器と原子力配備に反対するグローバルネットワーク・コーディネーター

     スピーチ・タイトル宇宙技術は核兵器廃絶への希望を阻む

川崎哲   ピース・ボート共同代表 ICNND・日本NGOアドバイザー 

スティーヴ・リーパー  (財)広島平和文化センター理事長  

コメンテーター

ジョセフ・ガーソン 米フレンド奉仕団ニューイングランド代表 

コーディネーター 森瀧春子 HANWA共同代表   

主催:核兵器廃絶をめざすヒロシマの会

後援:(財)広島平和文化センター    

現在コメント投稿は停止しております。