3月 122005
 

5年に1回のNPT再検討会議まで、1ヶ月半ほどになりました。被爆60年の年に開催される会議を、何とか核兵器廃絶への大きな飛躍の場にさせねばなりません。その場で、被爆国としての日本政府がとる姿勢は、大きな影響力を持っています。
 そこで、2000年のNPT再検討会議において約束され、段階的にチェックしていくこととなった13項目について、日本政府の努力の有り様を、評価し、少しでも前進させようと始まったのが、評価委員会による作業でした。今年は、その最終段階になります。日本政府の努力を正確に評価し、市民の思いを政府に届け、ニユーヨークでの会議において最大限の活躍を託すために、下記の要領で広島での評価会議を開催いたします。是非とも参加していただきますようご案内致します。

 とき:3月14日(月)
     午後6時30分から8時30分
 ところ:アステールプラザ  大会議室B

問題提起
平岡 敬 評価委員(元広島市長)
補足説明
 梅林宏道 評価委員(ピースデポ)
 森滝春子 評価委員(兵器廃絶をめざすヒロシマの会)

質疑討論

主催:「核軍縮;日本の成績表」評価委員会
   核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)
連絡先:核兵器廃絶をめざすヒロシマの会
【共同代表】 岡本三夫 河合護郎 森瀧春子
【事務局】〒730-0012 広島市中区上八丁堀8-23広島県生協連内 
電話082-502-3850 FAX082-502-3860 Eメール info@e-hanwa.org

現在コメント投稿は停止しております。