3月 072004
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ■イラク攻撃開始1周年‐‐‐3/20フォーラム■

     ■[イラク戦争と劣化ウラン弾被害を改めて問う]■

         ■~イラク医師たちを迎えて~■

          ■NO WAR NO DU!■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
nodu040320outline.gif

アメリカによるイラクへの攻撃開始からちょうど1年。いまだ不法な占領状態が続いて
います。またもや大量に使用された非人道的放射能兵器・劣化ウラン弾(DU)による
放射線汚染が深刻であり、医療現場が過酷な条件の中にあって、こどもたちの命を
救おうと、懸命に取り組んできたイラク医師たちより、イラク現場からの貴重な報告や
問題提起を頂きます。その上で、ヒロシマとしてイラクの人たちに連帯して何をなすべ
きか?日本がすべき支援とは一体何なのか?考え合いたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□日時: 3月20日(土)17時~19時

□場所: 広島平和記念資料館・地下会議室1

□第1部 イラク医療現場からの報告

  ● モハマド・ハッサン 医師  バグダッド教育中央病院

  ● アサド・アーメル 医師  バスラ教育病院

□第2部 質疑・意見交流  一般市民、中・高校生 たちと

両医師は、現在「セイブ・イラクチルドレン・名古屋」の招聘により、1月から7月まで、
日本の医学を学ぶため、名古屋大学医学部で研修中です。1991年の湾岸戦争以降、
経済制裁の影響もあって、日本では助かる命も助からないという深刻な医療状況の中、
日本・ヒロシマに強く期待されています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

主催: NO DU(劣化ウラン弾禁止)ヒロシマ・プロジェクト

共催: 核兵器廃絶をめざすヒロシマの会
共催: (財)広島平和文化センター

問い合わせ先: 
NO DU ヒロシマ・プロジェクト&nbsp
森瀧春子 携帯 090-9064-4705

E-mail order@nodu-hiroshima.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  投稿 @11:47 AM

現在コメント投稿は停止しております。