9月 072004
 

 9・11事件から3年目を向かえ、核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)では、9・11遺族の会「平和な明日のための9・11家族の会」(通称 ピースフル・トゥモローズ)に連帯のメッセージを送りました。
 それに応えて、ピースフル・トゥモローズから「04・9・11ピースフルトゥモローズ声明」が送られてきました。

 9・11以後、3年目を迎えた現在、世界はますます危険な道をたどっているように思われます。
 「核兵器廃絶をめざすヒロシマの会」は、9・11の惨事によって結成された遺族の会「平和な明日のための9・11家族の会」と交流を続けてきました。
 2002年4月に、アメリカに「ヒロシマ・ナガサキ反核平和使節団」の行脚に出かけた時にWTC跡地で共に追悼式をして交流したり、その後、メンバーのリタ・ラサールさんや、ライアン・アムンソンさんを広島に招聘し、日本各地で交流会を持ったりしてきました。
 彼らは、事件後アメリカが、彼ら犠牲者の名前における報復戦争による人殺しを止めさせよう(Not Kill in our names!)と世界各地〈アフガンやイラクにも〉に出かけて活動しています。今日彼らに対する国内での風当たりは強く困難な状況の中にあって、ヒロシマの心に連帯して活動を続けています。

核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)

*************************************************
HANWAからの連帯のメッセージ
(執筆・共同代表 岡本三夫)

September 7, 2004
Dear Members of September 11th Families for Peaceful Tomorrows!

We, the members of HANWA, would like to send you our renewed message of empathy and solidarity as the third anniversary of the 9/11 is around the corner. It is almost three years now since the tragedy engulfed you.
Time flies, indeed!
Certainly, such a fateful and sorrowful day cannot be buried in oblivion for any body, but especially for the bereaved family members like you. The chagrin may not disappear for a long time. You must be remembering the days when you searched around your lover, sister, brother, daughter, son, mother, father, cousin, other relatives, friends, etc.
through rubbles at the WTC—-we know some of you have lost your loved one at the Pentagon, too. Most of you must be pondering over the dreary, depressing days of anger, frustration, emptiness, despair, and exhaustion following the disaster.
Your experience resembles what hundreds of thousands of the citizens in Hiroshima and Nagasaki experienced fifty nine years ago. Even after more than half a century they still suffer deep anguish of the sudden loss of their loved ones. Your grief, however, must be far more acute and painful as it was only three years ago.
That you have overcome your despair, and continuously transmitted to the world over your message of peace instead of violence, love instead of hatred, and solidarity instead of vengeance, has not only inspired the citizens of Hiroshima and Nagasaki but also encouraged us significantly in that we can build up our hopes for the future of the world. Your message does correspond to the affirmation here: No More Hiroshima! No More Nagasaki! In this mission of non-violence and peace we feel a powerful spiritual bond between you and us.
During the last three years people in Afghanistan and Iraq had to endure the destruction of war and the ensuing misery. We cannot and should not forget that multitude of them have lost their relatives and friends exactly like you and us. It is the same in Palestine, Afghanistan, Iraq, and most recently in Beslan, Russia.
The world is becoming more dangerous and violent due to the prevailing Weltanschauung, i.e. a philosophy that might is right. To counter violence by violence breeds more violence. It amounts to a vicious circle. The only solution is to address the root causes of violence that are poverty, prejudice, discrimination, inequality, injustice, greed and jingoism. The members of Peaceful Tomorrows and the Hibakusha together with citizens of Hiroshima and Nagasaki have learned this simple truth which they would like to share with others.
Terrorism is rampant all over the world. However, we think war is a state-terror and nuclear war will be the most heinous terror that one can ever think of. The Russell-Einstein Manifesto concludes that war must be abolished, for so long as war exists national leaders cannot resist the temptation to resort to the most powerful weapons of the day, nuclear weapons. This year also, therefore, on August 6th in Hiroshima and on 9th in Nagasaki, people from all over Japan and overseas gathered there together and renewed our pledge of “No More Hiroshima!” and “No More Nagasaki!” and have shared our determination to create the culture of peace and non-violence.
We hear you have been libeled as coward as many Americans today tend to justify violent means to solve conflicts. Do not be discouraged in your endeavor for peace, love, and truth. We are with you and the history will be on your side. For, love conquers all things (Amor omnia vincit)!
With love from Hiroshima

THE HIROSHIMA ALLIANCE FOR NUCEAR WEAPONS ABOLITION (HANWA)
Directors: Ms. Moritaki Haruko, Mr. Kawai Goro, and Dr. Okamoto Mitsuo

***************************************************
(日本語訳 森滝春子)

2004年9月7日

  平和な明日のための9・11家族の会へのメッセージ

 私たち「核兵器廃絶をめざすヒロシマの会」のメンバーは、ピースフル・トゥモローズの皆さんが【9・11】三周年忌の追悼を迎えるにあたり、あらためて共感と連帯のメッセージをお送りしたいと思います。あの悲劇があなた方を飲み込んでからもう3年になろうとしています。時間の経つのは、なんと早いことでしょう!
 全く、あのような運命的な悲嘆をもたらした日は、誰にとっても忘却の中に埋めることはできないでしょう、とりわけあなた方ご遺族にとっては。
あの無念さは、長く消えることはないでしょう。あなたたちは、世界貿易センターの瓦礫の中で、恋人を、姉妹を、兄弟を、娘を、息子を、母を、父を、いとこを、親戚の人たちや友たちなどを探し回ったあの日々のことを忘れることはないでしょう。あなたたちの中にはペンタゴンでも愛する人を失った人もいます。大惨事の後に続いた、怒りと混乱、空虚、絶望の失意の日々の疲労困憊した侘しさに思いをはせていることでしょう。
 あなた方の経験は、59年前にヒロシマやナガサキの数十万の市民たちが経験したことに似通っています。半世紀経った今日でさえ、彼らは愛する者たちを、突然失った深い苦悩に打ちひしがれています。しかしながら、あなた方にとっては、その深い悲しみは、未だ3年しか経っていないが故に、より鋭く苦痛に充ちたものに違いありません。
 皆さんが、その絶望を乗り越えて、暴力ではなく平和を、憎しみでなく愛を、報復ではなく連帯を、というあなた方のメッセージを、休むことなく世界中に伝え続けておられることは、ヒロシマ・ナガサキの市民を鼓舞するだけでなく、私たちみんなが世界の未来に対する希望や自信を持てるよう大変励ましてくれています。あなた方のメッセージは、こちらの「ノーモア・ヒロシマ!」「ノーモア・ナガサキ!」の宣言と響き合っています。
 非暴力(ノン・バイオレンス)と平和の使命において、私たちはあなたたちとの間に、力強い精神的な繋がりを感じます。
 この3年間、アフガニスタンやイラクの人々は、戦争による破壊や苦難に耐えてこなければなりませんでした。彼らの多くもまた、あなた方や私たちと同じように、まさしく愛するものたちを失ってしまったのだということは忘れることはできないし、また忘れてはならないことです。それは、パレスチナ、アフガニスタン、イラクそして最近のロシア・北オセチアでも同じです。
世界は、戦争の文化によって私たちの願いや希望を踏みにじり、より危険で暴力的になりつつあります。暴力による暴力への報復は、よりいっそうの暴力を生み出します。それは危険な循環です。唯一の解決の道は、暴力の根元に焦点を当てること、すなわち、貧困、偏見、差別、不平等、不正義、貪欲、好戦的愛国主義を解決することです。ピースフル・トゥもローズのメンバーやヒバクシャはヒロシマ・ナガサキの市民とともに、彼らが人々と共有すべき紛れのない真実を学んだのです。
 テロリズムが世界にはびこっています。しかしながら、私たちは、戦争は国家テロであり、核戦争は考えうる限りの最も極悪なるテロであると考えます。
 ラッセル-アインシュタイン声明は、「戦争そのものが根絶されるべきである、というのは、戦争が存在する限り国家指導者たちは、もっとも強力な兵器、核兵器に頼る誘惑に抗しきれないからである」と結論を下しています。それゆえ、今年もまた、8月6日ヒロシマに、そして8月9日ナガサキに、日本各地から、海外から人々が集い、ともに」【ノーモア・ヒロシマ!】、【ノーモア・ナガサキ!】の誓いを新たにするとともに、非暴力と平和の文化を築く決意を共にしました。
紛争を解決する手段として暴力を正当化する方向にむかっている多数のアメリカ人たちが、あなた方を臆病者だと中傷していると聞きました。どうか、平和、愛、そして真実のためのあなた方の真剣な努力を邪魔されませんように。
私たちは、あなた方と共にあり、歴史もまたわれわれの側につくでしょう。何故なら、愛こそがすべてに優るからです。

ヒロシマから愛をこめて

核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)
 共同代表   岡本 三夫    河合 護郎   森瀧 春子


デビッド・ポトーティさんから 「ピースフル・トゥマローズの3周年
声明」が送られてきました。 「声明」は非常に感動的で平和への情熱に満ちた内容です。

ピースフル・トゥマローズHPにも掲載されています:http://www.peacefultomorrows.org/

———————————–
(3年目のピースフル・トゥモロー‘04.9.11声明)

Three Years Later:
Peaceful Tomorrows 9/11/04 Statement

Nearly three years ago, September 11th Families for Peaceful Tomorrows was born out of a shared belief that America’s military response to the 9/11 attacks which took our loved ones’ lives would result in the deaths of countless innocent civilians and increase recruitment for terrorist causes, making the United States, and the world, less safe and less free for generations to come.

Today, as we commemorate September 11, 2004, we find that our worst fears have been realized. The terrorism of September 11th has been neither neutralized, nor ended, by the terrorism of war.

Since our bombing and military action in Afghanistan, resulting in the deaths of more than 130 American troops and an estimated 4,000 civilians – and compounded by our failure to rebuild that broken nation–we have seen the return of Taliban warlords, the departure of relief agencies, and the continuing deaths of American service people and innocent civilians. Afghan President Hamid Karzai has acknowledged that he is seeking the support of former Taliban officials in an effort to stabilize the political process. Osama bin Laden remains at large, and al-Qaeda remains a potent terrorist force, as evidenced by the March 11 train bombings in Madrid, Spain.

Our illegal, immoral and unjustified invasion of Iraq, a nation that had nothing to do with the September 11th attacks, has cost the lives of 1,000 American troops and an estimated 12,000 Iraqi civilians, while leaving tens of thousands of others physically and emotionally traumatized. Today, our continuing occupation, our failure to provide basic services like electricity and water, and our torture of prisoners at Abu Ghraib has turned Iraq into a focus of anti-American sentiment where a new generation of terrorists is being recruited from around the world.

In Guantanamo, approximately 600 detainees from 40 countries remain incarcerated without charge and without access to lawyers. Those who have been returned to their home countries attest to conditions that violate the Geneva Conventions and our own democratic principles. In America, the USA Patriot Act gives government free reign to surveil law-abiding citizens. Restrictions on peaceful protest mock our Constitutional guarantees of freedom of speech and assembly. Meanwhile, bias crimes and discrimination continue to cast a shadow over our nation.

That all of this has been done in the names of our loved ones who died on September 11th makes the suffering of their innocent counterparts around the world even harder to take. When actions that are making the world less secure are carried out in the name of US security, we must reconsider the true sources of the security, freedom, and respect we once commanded around the globe.

Is the source of our security and freedom the exercise of overwhelming military power? Have we found security and freedom by dividing the world into “us and them,” and labeling entire nations “evil”? Three years ago, the French declared, “We are all Americans,” and Iranians held spontaneous candlelight vigils for our dead. Today, American prestige is at an all-time low. Friend and foe alike tremble at the sense of exceptionalism that drives America to conduct pre-emptive war.

And what example have we set by our use of violence as a tool for addressing complex grievances? In the past week, heartbreaking pictures of children abducted and killed in Russia remind us that terrorism against civilian populations, which did not begin on September 11th, has not abated as a result of our actions since then. In Iraq, abductions of more than 40 civilians from nations including Japan, Jordan, Italy, China, Ukraine, South Korea, Egypt, Nepal, India, Kenya, the Philippines, Bulgaria and our own have escalated the level of human suffering.

On September 11th, 2002, we urged America to participate fully in the global community, by honoring international treaties, endorsing and participating in the International Criminal Court, following the United Nations charter, and agreeing in word and action to the precepts of international law. Today, we redouble our call for America to return to full membership in the community of nations.

We call for an end to war as our nation’s one blunt instrument of foreign policy in our increasingly complex world. We recognize that our freedoms and security derive not from politicians or the Pentagon, but from our Constitution, and call on all Americans to rise in its defense against the triple threats of fear, lies and ignorance.

Finally, we draw hope from those around the globe whose historical experiences of terrorism and war have brought them not to a place of vengeance, but to a commitment to creating a peaceful world. They include victims of the violence in Israel and Palestine; families of victims of the Bali nightclub bombing; family members of those killed in Oklahoma City; atomic bomb survivors from Hiroshima and Nagasaki; those who survived the bombing of Guernica, Spain and Dresden, Germany; those affected by terrorism in Kenya; Cambodia; Chechnya; South Africa; Northern Ireland; Bosnia; Sri Lanka and elsewhere. Through their witness and their efforts towards reconciliation, they have demonstrated that peace begins in the heart of every individual, and that people united have an unparalleled power to change the world.

Every day, we choose to create the world we want to live in, through our words and through our actions. Today, we reach out to others around the world who recognize that war is not the answer. Today, three years after September 11th, we continue to choose peace.

–September 11th Families for Peaceful Tomorrows
———————————–
(日本語訳 森滝春子)

  3年目のピースフル・トゥモロー‘04.9.11声明
平和な明日のための9・11家族の会 –
September 11th Families for Peaceful Tomorrows

 3年前の9月11日“平和な明日のための9・11遺族の会ピースフル・トゥモローズ”は、次のような信念を共有するものとして生まれた。私たちの愛する人たちを奪った9・11攻撃への軍事的反応は、無数の罪のない市民の死をもたらし、テロの原因を新たに増やし、これからの世代に対し、合衆国及び世界をより不安定にし、自由を狭めるだけだ、という信念を。

 今日、2004年9月11日を迎えるに当たって、私たちの最悪の恐れが現実化していることを実感せざるを得ない。9月11日のテロは、それに対する戦争によっては、制圧もされず、終わらせることもできなかった。

 我が国のアフガニスタン攻撃や地上作戦の結果、アメリカ軍は130名以上の戦死者、推定4000人のアフガン市民の死者を出した。破壊した国の再建にも失敗し、タリバンの指導者たちは戻り、国際的な救済機関は離脱し、アメリカの職務官たちの死は増え続けた。アフガンの大統領、ハーミド・カルザイは政治を安定化させるため旧タリバンの役人の支援を求め、オサマ・ビン・ラディンは捕まらず、アルカイダは強大なテロ軍のままであり、3月11日のスペイン・マドリッドでの列車爆破テロが起こるといったさまざまな点から、アフガニスタン攻撃は明らかな失敗であった。

 そして、9・11とは何の関係もないイラクへの、不法、不道徳、不正の侵略においては、1000名のアメリカ兵の命と推定12000名のイラク市民の命が犠牲になっている。さらに、何千、何万の人々に身体的、精神的傷を残している。今日、アメリカの占領の継続の中で、電気や水といった基本的なサービスの供給の失敗や、アブ・グレイブの囚人虐待などは、イラク人の反米感情の震源となり、又テロの新たな世代を世界に生み出す源となっている。
ガンタナモではおよそ600人の抑留者が、法的保護も弁護士とのアクセスもないまま投獄されていると、自国へ帰された元抑留者が立証している。ジュネーブ協定とわが国の民主主義を踏みにじるものだ。アメリカでは、「アメリカ愛国者法」の施行によって政府は、市民の同法規遵守に対する監視をほしいままにしている。

平和的抵抗への制限を加えることは、憲法の言論と集会の自由の保障を欺いている。一方、偏見、犯罪、差別の横行はわが国に暗い翳を投げかけている。
 これら全てのことは、9月11日に亡くなった私たちの愛する人々の名においてなされた。そして、世界中の罪なき人々に苦痛を与え続けている。世界の安全を奪う行動が、アメリカの安全の名のもとに行われているとき、私たちは、かって、アメリカが国際的に集めていた尊敬の本当の源をもう一度考えて見なくてはならない。

私たちの安全と自由のよりどころは、圧政的な軍事力の行使なのだろうか? 私たちは「私たちと彼ら」を分けることによって安全と自由を見出したつもりになっていなかったか? 全体主義国家を「悪」だとレッテルを貼ってこなかったか?3年前、フランス人は言ってくれた「我々はみなアメリカ人だ」と。イラン人は私たちのテロ犠牲者のためにキャンドルライトの不寝番をしてくれた。今日、アメリカの信望は史上最低になった。アメリカの「敵」ばかりでなく友人たちも、アメリカを先制攻撃に駆り立てるその優位意識に身震いを感じている。

複雑な不平を処理する手段として暴力の行使をどんな場合にセットするのか? 先週、ロシヤで人質にされ、殺された子どもたちの、心をえぐるような写真は、市民に対するテロ〈9・11に始まったわけではないが〉が、9・11以来のわが国の報復行動によっては、無くならなかったということを教えている。 イラクでは、日本、ヨルダン、イタリー、中国、ウクライナ、韓国、エジプト、ネパール、インド、ケニア、フィリピン、ブルガリア、米国など40人以上の民間人の誘拐があり、人類の受難のレベルにまでエスカレートしている。

2002年9月11日、私たちは政府に、国際社会に完全に参加するよう迫った。国際協定を尊敬し、国際法の指針に、行動と言葉を一致させて従うよう迫った。今日、私たちは、米国が国連の輪に戻ってメンバーシップを取り戻すよう要求を強めている。

私たちは、より複雑化する世界にあって、外国の政治への直截的な手段としての戦争をやめるよう要求する。私たちは、私たちの自由や安全は、政府やペンタゴンから与えられるものでなく、私たちの憲法から導き出されるのだと認識している。 恐怖、うそ、無知の三つの脅迫に抵抗して、すべてのアメリカ人が立ち上がるよう呼びかける。

さいごに、私たちは、世界中でおこなわれているテロとの戦争の経験が、私たちを復讐に向かわせるのでなく、平和な世界を創造する方向へ向かわせるようになる希望を抱く。イスラエルとパレスチナの紛争、バリのナイトクラブ爆破の犠牲者の家族、スペインのゲルニカ、ドイツ・ドレスデン爆撃の、ケニヤ、チェチェン、南アフリカのテロの犠牲者の家族、これら全ての人々がその和解への知恵と努力を通して、平和は全ての個人の心に始まること、そして、それが世界を変える無類の力を持っているということを明らかに示している。

毎日、私たちは、私たちの言葉や行動を通じて、自分が住みたい世界を創造する道を選択して歩んでいる。世界中の人々と手をつないでゆこう。

9・11の日から3年後の今日も私たちは平和を選び続けている。

******************************************************************************
Peaceful Tomorrows P.O. Box 1818 Peter Stuyvesant Station  NY 10009
Colleen Kelly, New York Area Coordinator colleen [-at-] peacefultomorrows.org*
David Potorti, Co-Director/ Eastern U.S. Coordinator:
Email address: david [-at-] peacefultomorrows.org*

現在コメント投稿は停止しております。